理事長あいさつ

学)静岡学園の沿革 静岡学園早慶セミナーは静岡学園各学校の母体であり、静岡学園高校、静岡学園幼稚園を設立、 静岡学園短期大学(現静岡産業大学)の設立に大きく寄与し、現在に至っております。 攻めの「受験」こそ、将来の飛躍のチャンス。 日本の復興期、繁栄を支えてきた人達は過去、受験地獄といわれた時代を勝ち抜いてきた人が主 でした。「大学受験」の目標に立ち向かい、その過程で得た、学力、コミュニケーション能力、問 題解決能力を身につければ、将来に大きな飛躍を与えます。受験時代の「滅茶苦茶な努力」が大 きな自信に繋がり、無限の可能性を拓き、自身を変える原動力になります。 「自分なりの努力」ではこの結果は得られません。 よき指導者との出会い スポーツで選手の活躍では、一流のコーチの熱血指導が不可欠です。学問の修得、学力の養成も 同じことです。受験生の心を納得させる、また深い理解・感銘を与える、熱意ある指導者は、キ ミを大きく成長させ、その後の人生観を変えます。 学問は理論 学問は「理論」です。また入試問題は「解ける問題」のみ出題されます。当該教科について深く 理解し、理論を追って考えれば必ず解けるはずです。論理的思考の育成は「問題解決能力」の育 成に寄与します。新たな出発に際し、さらなる向上を目指すため、正しい勉強法、よいテキスト、 洗練された問題集、論理的に執筆された参考書であったか等、過去を見直すことも大切です。 「合格」を目指すキミに 「合格」は本人の学力次第です。これ以外の「外力・親の力等」は無関係です。試されるのは自身 の入試での得点のみです。選抜は公平かつ実力主義で、日本は「公平社会」と言えます。その中 で納得できる人生を歩みましょう。 失敗から学ぶ成功への道 「全て成功」という人はおりません。必ず挫折がつきものです。 「成功者」とは、「失敗」から学び、これを反省・ばねにし、次につなげることのできる人のみが その道を歩めます。 「計画」→「実行」→「反省」の繰り返しで、キミは成長します。 キミが主役。応援するのが「早慶セミナー」 本校はふれあいを重視しています。講師は、分かり易い授業、生徒の質問を第一に優先しています。 講師の深い理解を与える授業が難易度の高い問題の解決に寄与します。早慶セミナーはキミの力 強い応援団になるはずです。 理事長 牧野秀則

河合塾と提携して27年

河合塾のカリキュラム・テキストにより学力基盤の構築から 入試突破力の養成。そして志望大学別の対策まで行えるため 無駄なく確実に実力を高められます。 詳しくはこちら

学校法人としての市内唯一の予備校

学費や学割など学校法人ならではのメリットが豊富です。

伝統を守った学校運営を心がけています

黒板と机。なじみのある空間で勉学に励むことができます。

大学受験年間スケジュール

年間行事と模試関係と並行して確認できます。

独自のカリキュラム

基礎・完成シリーズの授業の他に本校では空き時間を利用して下記の特別プログラムを実施しています。